【目次】

1. DHA・EPAサプリは子供が飲んでも良いの?
           1-2. DHA・EPAは子供にどんな効果があるの?摂取量はどれくらい?
2. 子供にDHA・EPAが必要とされる理由とは?
3. DHA・EPAは精神を安定させ攻撃性を減らしてくれる!
4. DHAサプリの子供用はあるの?幼児が飲んでも大丈夫?
           4-1. DHAサプリは子供が飲んでも副作用はないの?
           4-2. DHAは子供にとって重要な栄養素!
           4-3. DHAの過剰摂取には注意が必要!
           4-4. 子供がDHAを摂取しやすくするには?
           4-5. 勉強・受験のために子供用DHAサプリを活用しよう!
           4-6. DHAは赤ちゃんや小さな子供にあげてもOK?
5. 子供にも安心なDHAサプリの選び方!
           5-1. DHAは子供の成長に欠かせない栄養素!
           5-2. 子供が安心して飲めるDHA・EPAサプリメントとは?
           5-3. DHA・EPAサプリメントに副作用はないの?
6. DHAサプリメントはどのタイミングで飲むのが効果的なの?

7. DHAサプリは数回に分けて飲んだ方が効果があるの?
8. DHA・EPAサプリメントはどの摂取タイミングが一番効果あり?
9. 受験や勉強に一番効果があるDHAサプリの摂取タイミングはいつ?
10. DHAサプリメントは勉強・運動・芸能面に効果あり!
11. DHAサプリでやる気・集中力をアップ!
12. 子供が生魚を食べるときに注意することとは?
13. 野菜嫌いの子供にはサプリをうまく摂り入れましょう!
14. かしこい脳をつくるDHA!
           14-1. DHAは読解力や読み書きの力をアップさせる!
           14-2. DHAは精神面・心の成長にも不可欠!
           14-3. DHAは目の健康にも効果的!
           14-4. DHAは海外でも注目されています!

 

 

 

DHA・EPAサプリは子供が飲んでも良いの?

DHA・EPAは、青魚に多く含まれている
オメガ3系脂肪酸で、私たちの体内では
つくられることのない必須脂肪酸です。
脳の活性化、血液サラサラ効果などがあり、
厚生労働省も1日1g(1,000mg)の

摂取を推奨しています。

 

その効果が世界に注目されたのは、
グリーンランドのイヌイットの人々が
魚中心の食生活で野菜をほとんど食べないにも

関わらず、循環器系疾患にかかる割合が
デンマーク人の7分の1と極端に低く、
血液中のEPA濃度が極めて高いことが
明らかになったことがきっかけです。

 

DHA・EPAは、中性脂肪、コレステロール
認知症などが気になる大人に効果的な
成分といわれてますが、実は、子供の成長にも
必要不可欠な、重要な成分としても注目されています。

 

特に、DHAは脳の神経細胞に作用する数少ない成分で、
子供の脳の発育や学習能力の向上には欠かせません。
6〜12才の子供を対象としたアメリカの調査では、
DHAの濃度が高いと算数の能力が4,7倍、
総合学習能力は4,9倍、DHAの濃度が低いと
学習障害が8,2倍上がるという結果が出ています。
「魚を食べると頭が良くなる」といわれているのには、
このような根拠があるのです。

 

ただ、日本人の魚離れは深刻で、ましてや子供に
毎日魚を食べさせるのも困難だといえるでしょう。
そこで、注目されているのが、子供用のDHA・EPAサプリです。
子供の成長には欠かせない成分が配合され、副作用もないので安心です。

 

DHA・EPAは子供にどんな効果があるの?摂取量はどれくらい?

 

DHA・EPAは青魚の油に多く含まられる油です。
油というと、健康の体的なイメージですが、
DHA・EPAは、私たちの健康には
欠かせない不飽和脂肪酸です。

 

特にDHAは、ドコサヘキサエン酸という

オメガ3系脂肪酸の一つで、直接脳や目に
入ることができる成分です。
脳内にDHAが増えると、情報の伝達が
活発になり、記憶力の向上や学習能力が
高くなる期待ができます。
胎児、乳幼児の脳の発育には
欠かせない成分で、不足すると
発育不全にもなりかねないといわれています。

 

ただ、日本人の魚離れは深刻で、
若い世代だけではなく、50代以上の世代も
DHA・EPAが不足しています
食生活の欧米化、インスタント食品、外食などで、
魚を食べる機会が少なくなっているのが現状です。

 

厚生労働省が推奨しているDHA・EPA
1日の摂取量は、成人の場合で1g(1,000mg)です。
成人というのは18才以上のことで、子供の場合は
目標摂取量という設定はありませんが、
目安量としては、3〜12才の場合、約150mgとされています。

 

理想は、毎日の食卓にマグロサバなどの
魚を並べることですが、子供にとって、魚を毎日
食べるというのはなかなか難しいことなので、
子供用のサプリメントドリンクなど、
飲みやすいものから摂取するのも一つの方法です。

 

 

子供にDHA・EPAが必要とされる理由とは?

魚に多く含まれるDHA・EPAは、体内では
つくられることのない必須脂肪酸で、
中性脂肪を減らす、血液をサラサラにするなど、
生活習慣病の予防にも欠かせない栄養素という
イメージの方も多いと思います。

 

DHA・EPAは、実は子供にこそ
必要な栄養素だということをご存知ですか?
子供に必要とされる理由は、
脳の発育や発達には欠かせない成分

あることが明らかになっているからです。

 

DHAは、脳内や脳の神経組織に
多く存在する数少ない成分で、
記憶力・理解力・集中力を高めていきます。
情報は、神経細胞から神経細胞へと伝達されて
いきますが、その際に必要なのがDHAなのです。
DHAが不足してしまうと、記憶する、
情報を思い出すなどの伝達が
スムーズに機能しなくなってしまいます。

 

小学生以降では、抗うつなど、精神を安定させる
作用があることも分かっています。

 

また、近年では、運動発達にも関わっていると考えられています。
子供の頃に積極的に運動をしていると、大人になっても
身体と頭が覚えているということにつながります。
脳は、20才頃まで発達を続け、その後は
経験を積むことで広がっていきます
私たちの記憶に、子供の頃に身に付けたことが
しっかり刻み込まれるのは、DHAの助けがあるからこそです。

 

 

DHA・EPAは精神を安定させ攻撃性を減らしてくれる!

DHA・EPAは、血液ドロドロが気になる大人が
摂取する栄養素と思われがちですが、
血液をサラサラにする効果だけではなく、
脳の活性化、視力回復、アレルギーの緩和
ダイエットなど、子供から大人まで
幅広い年代の人たちの健康を維持するために、
さまざまな効果があるといわれています。

 

意外と知られていませんが、DHA・EPAには、
身体の健康だけではなく、精神を安定させるなど、
心の健康にも有効であることが明らかになっています。

 

近年では、子供がストレスを抱えることも珍しくなく、

解決できずに一人で悩んでいる場合も多くみられます。
不安で眠れない、恐怖感におそわれる
気持ちが落ち込む、攻撃的になる、など、
ストレス社会では、心の不調
悩んでいる人が増えているのです。

 

DHAには、精神安定作用やリラックス効果があります。
青魚を多く食べている人は、うつ病発症や自殺率が低く、
キレにくいというデータ報告もあります。
DHAは、脳内の幸せホルモン「セロトニン」や、
睡眠ホルモン「メラトニン」に働きかけ、
ストレスを緩和させるといわれています。

 

落ち着きがない子供、キレやすい攻撃的な子供は、
ファストフードやコンビニ弁当などを多く食べ、
食事が極端に偏っている傾向があるようです。
現在、日本人の魚離れは深刻ですが、
DHA・EPAは、心と身体の健康には欠かせない成分です。
毎日の食生活を見直し、足りないときには、
サプリメントを上手く摂り入れて行きましょう

 

DHAサプリの子供用はあるの?幼児が飲んでも大丈夫?

DHAは、子供の脳の発育や発達には
欠かせない成分です。
特に、青魚に多く含まれていますが、
毎日魚を食べるというのは、子供にとって
難しいことかもしれません。

 

DHAは、私たちの体内では
つくられることがない必須脂肪酸なので、

食事やサプリメントから補給しなくてはいけません。
成人(18才以上)の場合、DHA・EPAは、
1日1g(1,000mg)の摂取が推奨されていますが、
子供の場合は目標量という設定はなく、
3〜12才の場合だと1日約150mg
目安量とされています。

 

ただ、幼児や子供に必要な成分と分かってはいても、
DHAサプリメントを飲んでもいいのか
お悩みのお母さんも多いようです。
DHAサプリメントの子供用がないため、
大人用を飲ませても大丈夫なのか、
副作用はないのか、など、気になるのは当然です。

 

結論からいうと、幼児や子供が飲んでも大丈夫です。
それどころか、成長期にある子供にこそ、
DHAサプリメント飲むべきサプリメントといえるでしょう。
DHAサプリメントは、さまざまなメーカーから販売されています。
注意点としては、子供が摂取しないように
注意書きがないもの過剰摂取をさせないことです。
摂取量は、子供の体重をもとに調整しましょう

 

 

DHAサプリは子供が飲んでも副作用はないの?●●

DHAは、脳に存在する数少ない成分で、
脳内の情報伝達をスムーズにするなど、
子供の脳の発達には欠かすことができません。
その効果は、アメリカの実験で次のような結果が出ています。

 

DHAの濃度が低いと、学習障害が8,2倍上がる
DHAの濃度が高いと、算数の能力が4,7倍になる
DHAの濃度が高いと、総合学習能力が4,9倍になる

 

「魚を食べると頭が良くなる」といわれているのは、

DHA脳を活性化し、記憶力・集中力
注意力などを高めていくからというわけです。

 

子供の場合、毎日の食事に青魚というのは、
難しいかもしれません。
現在、日本人の魚不足は深刻で、50代以上でも
魚を食べる機会が少ない人も増えています。

 

そこで注目されているのが「DHAサプリ」ですが、
子供が摂取した場合の副作用が気になるところです。
DHAは、私たちの身体に欠かすことのできない
「必須脂肪酸」なので、基本は問題ありません
ただ「アレルギーがある」「毎日、青魚を食べる」
「薬を服用している」場合には注意が必要です。

 

DHA過剰摂取した場合、吐き気、下痢、
出血が止まらなくなる、などの症状があらわれることがあります。
DHAサプリは、食事で不足した分の補給という感覚で摂取しましょう。

 

 

>DHAは子供にとって重要な栄養素!

DHAは、血液サラサラ効果で、中性脂肪
コレステロールが気になる人に効果があることで
有名ですが、実は、子供に摂って欠かすことの
できない重要な栄養素なのです。
DHAは、脳内に入ることにできる数少ない成分で、

脳の発達や発育に深く関わりがあります。

 

脳は、18〜20才まで成長するといわれています。
DHAによって、脳の神経伝達がスムーズに
行われるようになり、記憶力、集中力、注意力
覚えたことを思い出す力などが高まっていくのです。

 

神経伝達が活発な子供の脳を、スポンジのように
吸収しやすい状態にするのがDHAの役割です。
考える、学ぶ、行動するためには
脳に十分なDHAが必要というわけです。
DHAが不足すると、情報の伝達が上手く行かなくなり、
記憶したり、思い出したりという機能が低下します。

 

また、DHAは、心を安定させ、リラックス効果
あるといわれています。近年では、集中力がなかったり、
キレやすい、攻撃的などの問題行動を起こす子供が増えています。
DHA不足も原因の一つで、ファストフードや
コンビニ弁当などを食べる機会が多い子供は、
心が不安定になりやすい傾向にあるようです。
つまり、DHAは、子供が成長する過程で、
心と体の健康のためには欠かせない栄養素であるということです。

 

DHAの過剰摂取には注意が必要!

 

DHAは、脳内に入ることが出来る数少ない成分です。
神経細胞に働きかけ、情報伝達をスムーズに行い、
記憶力や集中力を高めていくので、
18〜20才まで成長するといわれている
子供の脳の発育には欠かせない

非常に重要な成分です。

 

DHAは、青魚に豊富に含まれている必須脂肪酸です。
私たちの体内ではつくり出すことが出来ないため、
食事から摂取しなくてはいけません
厚生労働省が推奨している1日の目標量は、
18才以上の場合でDHAとEPAを合わせて
1g(1,000mg)です。

 

子供の場合は、目標量の設定はなく、
3〜12才の目安として1日約150mgとされています。
しかし、近年、日本人の魚離れは深刻で、
子供だけではなく、40〜50代以上の世代でも、
「魚が苦手」「魚を食べる機会が少ない」
「生では食べられない」などの理由から、
多くの人がDHA・EPA不足であることがわかっています。

 

子供を含め、魚が苦手な人にとって、
毎日魚料理を食べるのはなかなか難しいでしょう。
そこで人気なのがサプリメントですが、注意点は
1日3g(3,000mg)以上の摂取は避けることです
DHA過剰摂取した場合は、吐き気、下痢、などの
症状があらわれることがあります。
脳に良い成分だからと過剰摂取するのではなく、
適量を毎日摂取するようにしましょう

 

 

子供がDHAを摂取しやすくするには?

DHA(ドコサへキサエン酸)は、子供の脳の
発達段階において、欠かすことのできない栄養素です。
DHAは、脳内に多く存在し、神経細胞に働きかけ、
情報の伝達をスムーズにしていきます。
不足をすると、記憶力や学習能力に
影響が出ることが明らかになっています。

 

アメリカの研究では、DHAの濃度が高いと、
算数の能力が4,7倍、総合学習能力は4,9倍に
反対にDHAの濃度が低いと、学習障害が
8,2倍も上がるという結果が出ています。

 

子供の脳は、18〜20才頃まで発育し続けると
いわれてますので、その間はしっかりDHAを
摂取できるように、献立を工夫することが大切です。
DHAは、サバ、マグロ、イワシ、ブリ、サンマなどの
青魚に豊富に含まれていますが、毎日の食卓に
魚料理というのは、現代人にはなかなか難しいかもしれません。

 

特に子供の場合は「魚嫌い」「アレルギー」などで、
魚が食べれないという子も少なくありません。
子供でもDHAを摂取しやすくするには、
魚臭さがないサプリメントや、DHAが配合された
お菓子やドリンクを利用すると良いでしょう。
ただ「優先順位は食事から」が基本です。
DHAサプリメントDHA配合のお菓子などは
魚を食べなかった日の補助という感覚で利用するのが理想です。

 

 

勉強・受験のために子供用DHAサプリを活用しよう!

DHAは、記憶力や学習能力の向上
良いといわれている必須脂肪酸です。
主に、マグロ、サンマ、イワシ、サバなどの
青魚に多く含まれており、私たちの体内では
つくられることがない栄養素なので、
毎日の食事から摂取しなければいけません

 

DHAの大きな特徴は「血液脳関門」
「血液網膜関門」という関門を通過し、
直接脳内や目に入って行くことができる
数少ない脂肪酸であるということです。

 

脳内に入ったDHAは、神経細胞や目の網膜に
働きかけ、情報伝達を活発に行っていきます。
ちなみに、EPAは、この関門を通りぬけることはできません。

DHAに期待できる効果は、次の通りです。

 

記憶力が高まる
集中力が高まる
思考力が高まる
読む力が高まる
計算能力が高まる
頭の回転が速くなる
やる気が維持できる
ポジティブ思考になる

 

DHAは、脳の活性化だけではなく、精神を安定させ、
リラックス効果も高いといわれていますので、
子供の勉強や受験のためにも、積極的に
摂取させたいというお母さんも多くみられます。
子供に毎日青魚を食べさせるのは、なかなか難しいので、
子供用DHAサプリメントがおすすめです。

 

いろいろなメーカーから発売されていますが、
DHA以外にも成長期に必要な栄養素が配合されているものも
多いようです。基本は食事から摂取するのが理想ですが、
魚を食べなかった日や、明らかにDHA不足だと感じる場合は、
毎日続けられる飲みやすいサプリメントを選びましょう

 

DHAは赤ちゃんや小さな子供にあげてもOK?

 

DHAは、血液をサラサラにする、生活習慣病予防
認知症予防などに効果があるといわれていますが、
実は、子供の脳の発育や発達には欠かせない
必須脂肪酸であることをご存知ですか?

 

脳内や目に多く存在する成分で、脳の機能を高めたり、
視力の回復などに効果が期待できます。
DHAは、妊娠中のママにも、胎児の脳の発達のために

必要な栄養素だと、積極的な摂取が推奨されています。

 

授乳中にも、母乳からDHAが摂れてる赤ちゃんは、
脳がしっかり発育するといわれています。
DHAは、マグロ、アジ、サンマなどの青魚に
多く含まれているので、毎日の食卓に摂り入れるのが
理想ですが、日本人の魚離れは深刻で、
子供に毎日魚を食べさせるのも
なかなか難しいのが現状です。

 

子供にDHAサプリを与えても大丈夫なのか
心配されるお母さんも多いようですが、結論から言うと、
母乳や粉ミルクにも入っている成分なので大丈夫です。
DHAは脳の発育だけではなく、心のバランスを整え、
精神を安定させる働きもあるといわれています。
イライラしてキレやすくなったり、集中力がなくなり、
落ち着きのない子供にも効果的です。

 

実際、DHA不足の子供は、攻撃的で
キレやすいという研究データもあります。
子供には、健やかな脳を発育させるためにも
DHAを毎日摂り入れて行きましょう。

 

 

子供にも安心なDHAサプリの選び方!

「魚を食べると頭が良くなる」と昔からいわれています。
これは、魚に多く含まれるDHAが、脳を活性化し、
記憶力や集中力を高めてくれるからなのです。
「日本人の子供たちの知能の高さは
DHAの作用によるもの」とイギリスの学者が
発表しているほど、その効果は明らかになっています。

 

DHAは、私たちの体内ではつくられることのない
必須脂肪酸です。脳や目に多く存在し、情報の伝達を

活発にする、脳内に入り込める数少ない栄養素なのです。
かつては、魚は日本人の食卓には欠かせないものでしたが、
近年では「魚を食べる機会が少ない」「魚が苦手」など、
日本人の魚離れは大きな社会問題になっています。

 

大人であれば、DHAが不足していると感じた場合、
気軽にサプリメントで補給すると考えますが、
子供にとなると、摂取量や副作用など、気になる点が
多いというお母さんも多くみられます。
子供でも安心して飲めるDHAサプリメント
選び方は、次の通りです。

 

子供用の配合であること
添加物が入っていないこと
子供が飲みにくい大きさでないこと
子供が気になるにおいではないこと
安全性が高いものであること

 

原材料も合わせて確認しましょう。
また、魚油は酸化しやすいので、
ビタミンEなどの、酸化を防ぐための成分が
配合されているかもチェックしましょう。

 

 

DHAは子供の成長に欠かせない栄養素!

魚の油には、脳を活性化する成分DHA
(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれています。
油と聞くと「身体に良くない」「「太る」イメージを
持たれる人も多いと思いますが、
DHAは、私たちの健康を維持するためには
欠かすことのできない「必須脂肪酸」です。

 

血液をサラサラにする、ストレスの緩和抗アレルギー
作用などさまざまな効果が期待できる栄養素です。
昔から「魚を食べると頭が良くなる」といわれていますが
DHAには、脳を活性化する作用があり、記憶力や
学習能力の向上にも効果があることが明らかになっています。

 

DHAは、脳や神経組織に多く存在する数少ない
成分で、情報の伝達作用を活発に行います。
特に、子どもの脳の発育には欠かせない成分で、
DHAがしっかり摂取できている子どもは、
記憶力・集中力・注意力・計算能力などが高まり、
頭の回転が速い状態になるといわれています。

 

また、DHAは、子どもの脳の発育だけではなく、
精神面でも大きな影響があります。
最近の子どもは、キレやすい、落ち着きがない、
攻撃的といった面が目立ちますが、DHAを摂取することで、
精神が安定し、リラックス効果が見られることも分かっています。
子どもの成長期には、脳の発達だけではなく、
社会性を身につけることも大切です。
DHAは、そのどちらにも効果があることで、
子どもには欠かせない成分だといえます。

 

子供が安心して飲めるDHA・EPAサプリメントとは?

 

子供の成長には欠かすことが出来ない
DHA・EPAは、青魚に多く含まれている成分です。
体内ではつくられることのない必須脂肪酸で、
成人は1日1g(1,000mg)の摂取が推奨されています。

 

しかし、近年は食生活の欧米化に伴い、
日本人の魚離れは深刻な社会問題にもなっており、
若い世代はもちろん、50代以上の世代においても、
1日の推奨量に足りていないのが現状です。
そこで注目されているのが「DHA・EPAサプリメント」です。

 

DHA・EPAは大人だけでなく、脳の発育や、
記憶力や学習能力の向上にも効果が高いため、
成長期の子供にも非常に重要な
成分であることが分かっています。

 

ただ、大人の場合は、積極的にサプリメントを
摂り入れられても、「子供にサプリメントを与えるのには
抵抗がある」というお母さんが多くみられます。
魚が好きで、毎日食べている子供に関しては安心ですが、
魚を食べてくれない子供に関しては悩んでしまうところでしょう。

 

その場合、明らかなDHA・EPA不足になってしまいます。
結論からいうと、不足したまま成長するよりは
不足分はサプリメントで補って行くべきです。
子供が飲むことを目的にした子供用のサプリメント
販売しているメーカーもあるので、DHA・EPA不足が
気になるときには、利用してみましょう。

 

 

DHA・EPAサプリメントに副作用はないの?

私たちの健康には欠かせない必須脂肪酸
DHA・EPAですが、飲み過ぎてしまった場合、
何らかの副作用が起こったりするのでしょうか。
身体に良いと聞くと、たくさん摂り入れたくなりますが、
間違った摂取の仕方は逆効果になってしまいます。

 

厚生労働省は、18歳以上の場合、DHA・EPA

1日1g(1,000mg)摂取するよう推奨しています。
上限は1日3g(3,000mg)とされ、一度にたくさん
摂るのではなく、適量を毎日摂取するのが理想です。

 

子供の目標量の設定はありませんが、
3〜12才の目安は約150mgとされています。
基本的には、DHA・EPAは、魚に含まれる
脂肪酸なので、特に副作用はないとされています。

 

ただ、1日3g以上摂取し続けた場合、下痢、吐き気、
げっぷ、鼻血の症状が出ることがあります。
これは、DHA・EPAは脂肪酸(油)なので、
消化不良を起こしていると考えられています。

 

また、血流を良くする薬血圧降下剤を服用している人は、
DHA・EPAの血液サラサラ効果で、血が止まりにくくなったり、
血圧が下がりすぎることもあるので、事前に医師に相談されると安心です。
DHA・EPAサプリメントを利用する際には、摂取量を守り
魚を食べた日には控えるなど、補助的な感覚で上手く摂り入れると良いでしょう。

 

 

DHAサプリメントはどのタイミングで飲むのが効果的なの?

1日に必要なDHAを摂取していくには、サプリメント
利用するのが最適ではありますが、どのタイミングで
飲めばいいのか、迷ってしまう人も多いようです。
サプリメントは、薬ではないので、飲む時間や
タイミングが表記されていません
健康補助食品なので、基本はいつ飲んでも良いのですが、

 

DHAは脂溶性なので、脂分の多い食品と一緒に
消化させると吸収率が高まるといわれています。

 

つまり、食事中や食後に飲むのが効果的ということです。
反対に、空腹時には、吸収率が低いので
おすすめはしません
ただ、DHAサプリメントは薬ではないので、
効果があらわれるまでに時間が必要です。
飲んだり飲まなかったりではなく、毎日忘れずに
摂り入れることで結果がついてきます。

 

忘れないように、その人の生活リズムの中で、
飲み忘れない時間帯に飲むのが一番良いともいえますが、
朝・昼・夜の中で、一番自分のタイミングがとりやすい、
食事中か食後に飲むように心掛けてみましょう

 

注意点として、DHAサプリメントは、
常温の水で飲むようにしましょう
お茶で飲む人も多いようですが、カフェインはサプリメントの
効果を弱めてしまうことがあるので避けましょう。
また、DHAは、熱に弱い性質をもっているので、
熱いお湯で飲むのもNGです。

 

DHAサプリは数回に分けて飲んだ方が効果があるの?

 

DHAは、必須脂肪酸の一つで、
私たちの健康には欠かせない成分です。
青魚に多く含まれ、体内でつくられることはないため、
毎日の食事から摂取しなくてはいけません

 

血液サラサラ効果、抗うつ作用アレルギーの緩和など、

さまざまな効果が期待できるとされています。
子供の脳の発達にも深く関わり、記憶力
学習能力が高まることが明らかになっています。

 

ただ、日本人の魚離れは深刻で、50代以上の世代でも、
多くの人がDHA不足であるといわれています。
魚の生臭さが苦手な子供たちや、
魚を食べる機会が少ない、魚が苦手な人たちには、
手軽に摂れるDHAサプリの人気が高まっています。

 

DHAサプリは薬ではないので、1日の摂取量のみが
記載され、飲み方の細かい表記がありません。
どのように飲むのが効果的なのか迷われる人も多いようです。
DHAサプリは、基本的にいつ飲んでも大丈夫ですが、
食事中か食後が吸収率が高いとされています。
メーカーによって、1日の粒数は違いますが、1日に1回で飲むのか、
数回に分けて飲むのか、どちらがより効果的なのでしょうか。

 

例えば、1日3粒の場合だと、朝・昼・夜に1粒ずつ
3回に分けて飲んだ方が、浸透が良いという説もありますが、
うっかり忘れてしまったりということもあると思います。
DHAサプリは、毎日忘れずに継続することで効果があらわれます
1日の適量を毎日忘れずに飲んで行くのが優先なので、
面倒でなければ、複数回に分けて飲み、
忘れそうだったら、1日1回で飲んでも大丈夫です。

 

 

DHA・EPAサプリメントはどの摂取タイミングが一番効果あり?

血液をサラサラにする、中性脂肪を減らす
アレルギーの緩和記憶力の向上など、
さまざまな健康効果が期待できる必須脂肪酸
「DHA・EPAサプリメント」は、手軽に1日の
目標推奨量が摂取できることで、人気が高まっています。

 

サプリメントを飲む際には「いつ飲むの?」
「飲むタイミングはいつ?」「一度に飲むの?」など

疑問を持たれてる方も多いようです。

サプリメントの表示は「1日3粒」のように、
飲む時間や回数などは記載されていません

 

それは、法律でサプリメントは食品に分類されるため、
医薬品のように明確に表示することができないからです。
DHA・EPAサプリメントの効果も、
1〜2度飲んだからといって感じるものではありません。
毎日適量を摂取し、時間をかけて
体質を改善して行くものなのです。

 

つまり、基本的には、食品なので飲むタイミングに
決まりはありませんが、より効果を高めるためには、
その成分の性質を把握すると良いでしょう。
DHA・EPAサプリメントの場合は脂溶性なので、
食事中か食後に飲むと吸収率が高まります
脂溶性は、胃の中で食べ物が消化している助けを
借りなければ、吸収率が落ちるといわれていますので、
空腹時に摂取すると、しっかり吸収されずに排出されるということになります。

 

 

受験や勉強に一番効果があるDHAサプリの摂取タイミングはいつ?

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、子供の脳の発達に大きく
関わりがあり「頭が良くなる成分」として脚光を浴びています。
私たちの脳には「血管脳関門」という、
脳に本当に必要な栄養素しか通ることが
できない部分がありますが、DHAは、
そこを通過できる数少ない栄養素なのです。

ちなみに、EPAはそこを通過することはできません。

 

脳内の神経細胞に働きかけ、情報の伝達を活性化し、
記憶力、判断力、注意力などを高めていきます。
アメリカの研究では、DHAの濃度が高い子供ほど
学習能力が高いという結果も出ています。
昔から「魚を食べると頭が良くなる」といわれるのは、
DHAにあったというわけです。

 

ただ、最近の日本人は、子供はもちろん、50代以上の
世代でも魚を食べる機会が少ないという人が多く、
DHA・EPA不足であることが明らかになっています。
そこで、魚臭さもなく手軽に摂取できる
「DHAサプリメント」の人気が高まっています。

 

勉強や受験でDHAサプリメントを飲む場合、
いつ飲むのが効果的なのでしょうか?
基本、サプリメントは、いつ飲んでも大丈夫とされていますが、
DHAサプリメントの場合は脂溶性なので、食事中か
食後が一番吸収率が高まるとされています。
子供が大好きな揚げ物など脂分が多いものと一緒に摂ると良いでしょう。

 

DHAサプリメントは勉強・運動・芸能面に効果あり!

 

子供の脳は、18〜20才頃まで成長をするといわれています。
ピークは12才くらいで、それまで物事の
基本的なことを習得するといわれています。

成長をしているこの期間に重要な成分が、
青魚に多く含まれているDHAです。

 

昔から「魚を食べると頭が良くなる」
いわれていたのには、根拠があるのです。
DHAは、脳の中に入り込める数少ない栄養素で、
神経細胞に働きかけ、情報伝達を活発に行います

 

例えば、この時期に積極的に運動をしていた
子供は、大人になった時に再び運動を始めたときでも、
頭と身体が覚えているため、すぐに勘が戻ります。
これは、小脳にしっかり記憶されている証拠です。
運動面、芸術面、勉強面など、全てにおいて、
子供のころに身に付いたことを忘れずに覚えているのは、
DHAの力が大きく作用しているからなのです。

 

アメリカの研究では、DHAの濃度が高い子供は、
学習能力が高くなるというデータも出ています。
また、DHAは、やる気やポジティブ思考でいられるなど、
情緒面でも効果があることが分かっています。
キレやすい、落ち着きがない子供は、DHA不足が
原因の一つと考えられています。

 

このように、DHAは、子供が成長する過程において
欠かすことのできない重要な成分なのです。

 

 

DHAサプリでやる気・集中力をアップ!

子供の「集中力」「やる気」がないのが心配、
というお母さんは多く見られます。
子供が成長して行く上では、どちらも付けておくべき
力なので、お母さんたちの悩みも深刻です。
集中力が高まると、学習能力も当然高まります

効率良く時間が使えることで、勉強が楽しくなり、

やる気も出てくるということになります。

 

子供の集中力を高めるには
どのようにすれば良いのでしょうか。
集中力を高めるためには、勉強する環境を整えて
あげるのも大切ですが、脳を活性化する栄養素
サプリメントも大きなポイントになります。

 

青魚に多く含まれるDHAは、脳内の神経成長因子の
生産を促進し、神経細胞を活性化します。
DHAは、脳内に入ることができる数少ない成分で、
その多くは記憶を司どる海馬に存在しますが、
DHAが不足すると、記憶力や集中力が
低下することが明らかになっています。

 

つまり、脳内にDHAを増やすことで、集中力や
やる気を高めることになるのです。
日本人の魚離れは社会問題になるほどで、近年では、
子供だけではなく大人も不足しているといわれています。
DHAは、体内ではつくられることができない
必須脂肪酸なので、手軽に摂れるDHAサプリメントを、
食事中か食後に毎日摂り入れて行きましょう

 

 

子供が生魚を食べるときに注意することとは?

DHAは、頭が良くなる成分として注目されています。
昔から「魚を食べると頭が良くなる」といわれているのは、
DHAが魚に豊富に含まれているからです。

 

必須脂肪酸であるDHAは、私たちの体内では

つくられることがありません。

毎日の食事やサプリメントから摂取しなければ

なりませんが、DHAは熱に弱いのが特徴です。
加熱すると脂が溶けてしまい、DHAも外に逃げて
しまうので、お刺身で食べるのがベストとされています。

 

ただ、子供の場合、魚の生臭さが苦手だったり
生だと食べられないという子も多くみられます
身体に良いからと、無理に食べさせようとすると、
余計に魚嫌いになって拒絶反応を起こす可能性もあります。

 

お刺身の場合は、アレルギー反応が出る子供もいるので、
体調が悪い時には避けるなどの注意が必要です。
お刺身が苦手な場合は、骨抜きされている魚を使って
ムニエルやホイル焼きなどにすると良いでしょう。

 

効率良くDHAを摂るなら、缶詰を使用しましょう。
サラダやサンドウィッチにするなど、いかにも「魚料理」と
いう感じではないことで、子供も抵抗がなくなります。
少しずつ魚に慣れてもらうことから始めて
お刺身にもチャレンジしてみましょう。

 

子供に生魚を食べさせる際の注意点は、無理強いをしないことです。
子供が魚を好きになるように、お刺身も食べてみようかな・・と
思うような献立の工夫をしてあげることです。

 

野菜嫌いの子供にはサプリをうまく摂り入れましょう!

 

一般的に、昔から子供は野菜が苦手といわれています。
子供の健やかな成長のためには、栄養バランスの良い
食事を毎日というのが理想ですが、なかなかそうも
いかないのが、お母さんたちの悩みの種になっています。

 

近年は、ファストフード、コンビニ弁当、
お菓子などが溢れているため、ますます偏食
なってしまう子供が増えているのが現状です。
キレやすい、攻撃的、落ち着きがない、などの
子供が増えた背景には、食生活の変化
大きく関わっています。

 

野菜にはビタミンや食物繊維が豊富に
含まれており、子供の成長には欠かせない成分です。
これらの栄養が不足してしまうと、身体の成長は
もちろんですが、風邪をひきやすくなったり
集中力の低下など、精神面にも影響が出てしまいます。

 

しかし、身体に良いからと、無理に野菜を
食べさせようとするのは逆効果です。
特に野菜は、子供が嫌うにおいや苦みがあるため、
どうしても食べることができないという子も多いものです。
そのような場合には、ビタミンと食物繊維が摂れるサプリを利用しましょう。
においもなく、飲みやすいタイプのものが多く販売されているので、
偏食する子供が、無理なく毎日飲めるものを選んであげると良いでしょう。

 

 

かしこい脳をつくるDHA!

魚の油には、脳の発達を向上させる
「必須脂肪酸」DHAが豊富に含まれています。
脳内の神経細胞にDHAがたくさん
含まれていることで、情報の伝達が活発に行われ、
いわゆる「頭の回転が速い」状態になるといわれています。

 

脳には「血液脳関門」という、脳にとって

本当に必要な栄養素しか通さない部分が
ありますが、DHAはそこを通過することが
できる数少ない成分なのです。

 

記憶力、集中力、判断力、思考力、読解力は、
DHAが脳内にたくさんあることで向上していきます。
アメリカの研究では、DHAの濃度が高い子供ほど
総合学習能力が高いというデータも出ています。

 

特に、乳幼児から小学生にかけては、
脳や目の土台づくりの重要な時期なので、
しっかりDHAを摂取していくことが大切です。

 

また、社会性などの精神的な能力の向上
期待できるとされています。小学生を対象とした
研究では、DHAを1日600mg摂取した子供は、
摂取していない子供と比較して、攻撃性、多動性
情緒不安定などの改善が見られ、
社会性の高い行動ができるようになっています。

 

近年、キレやすい、落ち着きのない子供が多くみられる背景には、
日本人の魚離れが大きな原因の一つと考えられています。

 

 

DHAは読解力や読み書きの力をアップさせる!

DHA(ドコサへキサエン酸)は、子供の脳の発達
大きな影響があることで注目されています。
昔から「魚を食べると頭が良くなる」といわれているのは、
DHAが魚に豊富に含まれているからです。

 

DHA脳の神経細胞の膜の主成分で、
記憶を司る海馬に多く存在しています。
DHA「血液脳関門」という、脳にダメージを与えるものは

通さない部分を通過することができる数少ない成分で、
脳内の情報伝達を活発にして記憶力などを高めていきます。

 

また、目の網膜や視神経にも多く存在しているので、
見たものを正確に素早く脳に伝える力も向上します。
1970年代「日本人の学力が高いのは、
魚中心の食生活でだからではないか」という
データから、世界中がDHAに注目をし、
今までにさまざまな研究が行われてきました。

 

オックスフォード大学では、1日600mgのDHAを
摂取した児童と、摂取しない児童を比較したところ、
「読解力」が向上していることが報告されています。
また、書き取り」に関しても、能力が高まることが
分かりました。さらには、集中力や社会性など、
精神的能力の向上にも効果が期待できるとされています。

 

近年は、日本の子供の読解力が低下していると
いわれていますが、社会問題にもなっている
日本人の魚離れと、全く関係がないとはいえないでしょう。

 

DHAは精神面・心の成長にも不可欠!

 

DHAオメガ3系脂肪酸と呼ばれる、
マグロやサンマなどの青魚に多く含まれる脂肪酸です。
私たちの体内ではつくり出されることはないので、
食事から摂取しなければならない「必須脂肪酸」です。

 

主に青魚に多く含まれ、子供の脳や目の発達

抗アレルギー作用血液サラサラ効果など、
子供から大人まで幅広い年代に必要な
栄養素ということで、世界中から注目されています。

 

特に、子供の脳の発達にはDHAは必要不可欠で、
読解力、読み書き、記憶力など、学習能力が
向上することで、多くのお母さんが子供に
飲ませたいサプリメントとして人気が高まっています。

 

また、DHAは、集中力社会性などの精神面にも
良い効果があることが明らかになっています。
1日600mgのDHAを摂取した子供と、
DHAを摂取しない子供を比較すると、
DHAを摂取した子供は、反抗性や攻撃性が
大きく改善されたというデータが報告されています。

 

昔の日本人は魚中心の食生活で、
DHAがしっかり摂取できていましたが、
近年は子供も大人も魚を食べる機会が
少なくなっており、DHA不足の人が多いのが現状です。
キレやすい、攻撃的、落ち着きがない子供が多いのは
DHA不足が原因の一つと考えれています。

 

 

DHAは目の健康にも効果的!

マグロやサンマなどの青魚に多く含まれるDHA
「身体に良い油」です。油というと、
身体に悪いイメージですが、DHAは私たちに
健康には欠かせない脂肪酸なのです。

 

DHAは脳や目にダメージを与える成分は
通ることができない「血液脳関門」「血液網膜関門」を
通過し、直接、脳や目に入って行ける唯一の脂肪酸です。

DHAが脳にたくさん存在することで、記憶力
判断力、集中力、社会性など、学習能力や
精神面の成長を高めていきます。

 

また、DHAは目の網膜や視神経にも
たくさん存在しています。目の網膜のほとんどは、
DHAから形成されているといわれています。
DHAがたくさん存在することで、見たものを素早く
正確に、脳に情報伝達することができるようになります。

 

ある研究では、DHAサプリを3ヶ月摂取した人は、
摂取していない人と比べて視力が高くなることが
明らかになっており、子供の近視の予防にも
効果があるといわれています。

 

DHAは、私たちの体内ではつくられない必須脂肪酸です。
目の機能や視力の向上には欠かせない成分なので、
不足するとそれらの機能に影響を及ぼす可能性もあります。
子供の将来の目の健康のためにも、積極的に
魚やサプリからDHAを摂取していきましょう

 

 

DHAは海外でも注目されています!

DHAは、日本だけではなく、世界中から注目されてる成分です。
そのきっかけになったのは、デンマーク人が
1960年代に調査したイヌイットの食生活です。

 

イヌイットは一年中雪と氷の中という厳しい
自然環境で暮らしており、アザラシやサケなどの

海獣や魚を中心に野菜や果物はほとんど
食べることはない食生活を送っているにも関わらず、
心筋梗塞や脳梗塞などの脳血管系の疾患が
非常に少ないことが明らかになったのです。

 

また、1970年代には、イギリスの学者が
「日本人の学力が高いのは魚中心の食生活を
しているからだ」という研究を発表したことから、
さらに海外から注目をされるようになりました。

 

DHAは、脳の入り口にある「血液脳関門」を
通過することができる唯一の必須脂肪酸です。
血液脳関門は、脳に本当に必要なものなのかを
判断し、必要でないものは通過することができません。

 

DHAは海馬に多く存在し、脳細胞全体を
活性化させることで、情報伝達がスムーズに行われ、
記憶力、集中力、判断力、注意力、社会性など、
子供の脳の発達をぐんと高めていきます。
DHA脳の栄養素ともいわれ、いわゆる
「頭の回転が速い」「頭がやわらかい」脳をつくりあげていきます。